債務整理(任意整理)

債務整理とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理とはなにか

今回は、債務整理とは何かについてのお話です。

債務整理という言葉には、大きく3つの意味があります。

1つは、最も広い意味での「債務整理」、

2つ目は、最も狭い意味での「債務整理」、

3つ目は、両者の中間に位置する「債務整理」

になります。

上記の整理の仕方は、当記事オリジナルです。

特に間違ったことを書いているわけではありませんが、

よその事務所様で、

「中間的な意味の債務整理で、お願いします。」

などと言っても、全く通じませんのでご注意下さい。

1.最も広い意味での「債務整理」には、自己破産や個人再生手続の利用も含まれる

最も広い意味の「債務整理」には、債務・負債・借金を整理するための方法が、広く含まれます。

法的手段・任意の手段を問わず、何らかの方法で債務を処理することだと考えて下さい。

法的手続である債務整理の手段には、自己破産(破産手続開始の申立てと免責許可の申立て)や

個人再生手続(小規模個人再生手続、給与所得者等再生手続)、特定調停などがあります。

2.最も狭い意味での「債務整理」とは、「任意整理」のことである

「債務整理」という言葉を狭い意味で用いると、「任意整理」という言葉とほぼ同じになります。

要するに、法的手続を利用せずに、純粋に任意での交渉のみを通じて、

債務を処理することだと考えて下さい。

基本的にはお願いベースでの交渉になります。

過払い金が発生していない債権者に対しての債務整理も、この範疇に入ります。

お願いベースでも、しっかりとした交渉に持ち込めるのは、

弁護士に依頼するメリットの1つだと思います。

3.中間的な意味での「債務整理」とは、部分的に法的手続を利用して債務を処理することである

3番目が中間的な意味での債務整理になります。

この類型では、自己破産や個人再生のように全債務を対象とする法的手続は、利用しません。

過払い金の回収など、状況に応じた法的手続の利用により返済原資を確保し、

トータルで債務を処理していく手法になります。

複数の業者に対する債務整理(任意整理)を依頼されたが、

一部の業者について過払いが発生しているというようなケースで用いられます。

全業者につき過払いが発生しているケースは、債務整理というよりは、

純粋な民事訴訟(不当利得返還請求訴訟)といった方が、

実態を反映していると思います(とっくに債務は完済しているわけですから)。


このサイトには「債務整理」というカテゴリーがありますが、同カテゴリー名は、

最も狭い意味、要するに「任意整理」という意味で用いています。

法的手続を利用しないで債務を処理する方法を知らべたいという方は、

「債務整理」というカテゴリーの記事を重点的にお読み下さい。

同カテゴリー内にも、自己破産などの法的手続との比較ができる記事を用意しておきます。

反対に、法的手続について調べたい場合には、

「自己破産」等の法的手続の各専門カテゴリーを参照して下さい。

「過払い金」のカテゴリーについては、作成するかどうか検討中です。

ただ、今後は、対象者が減少する一方の分野になりますので、

そのあたりは、シビアに検討させていただきます。

以上、債務整理の意味に関するお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士費用のご案内

業務内容 着手金 報酬金
自己破産(非事業者) 30万円 不要
自己破産(事業者) 30万円からお見積り 不要
自己破産(法人代表者) 30万円 不要
法人破産 40万円からお見積り 不要
債務整理(任意整理) 1社あたり4万円 1社あたり2万円(和解成立時)
減額成功報酬不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用なし)
小規模個人再生 45万円 不要
給与所得者等再生 45万円 不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用あり)
小規模個人再生 55万円 不要
給与所得者等再生 55万円 不要

破産については、同時廃止・管財事件で同一の弁護士費用です。
金額は、消費税を含まない金額です。

債務整理限定の無料法律相談のご案内

 記事をお読みになって、無料の法律相談を受けてみたいと思われた方は、
ぜひ、石埜法律事務所までご連絡下さい。
 法律相談は、ご依頼にならなくても、もちろん、無料です。
 面談、電話、メール、FAX、どの方法でご相談いただいても、すべて、無料です。
 電話相談であれば、面談中でない限り、すぐに弁護士とお話しいただけます。

電話相談(予約不要)・面談のご予約
TEL:042-400-7588
「はい、いしのほうりつじむしょ、です。」と応対します。

面談場所
東京都多摩市関戸1-11-7
グリービル6階607号室
石埜法律事務所
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分(特急停車駅)

FAX送信先
FAX:042-400-0961

メール相談フォーム(下の欄に、直接ご記入いただき、そのまま送信していただくことが可能です。)

現在、メール相談フォームをご利用いただいての無料法律相談は、債務整理(破産・再生・任意整理)に関するご相談に限定させていただいております。

債務整理(破産・再生・任意整理)以外のご相談につきましては、フォームをご利用いただきましても、返信できかねますので、あらかじめご承知おき下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

ご相談内容は、SSLによって暗号化されて送信されますので、安心してご利用いただけます。

記入が終わりましたら、「送信する」ボタンをクリックして下さい。

コメントを残す

*