債務整理(任意整理)

債務整理の相談、タイミングが早すぎるということはない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理を弁護士に相談するタイミングについては、早すぎるということはない

今回は、債務整理を相談するタイミングについてのお話です。

この記事の結論としては、

「債務整理を弁護士に相談するタイミングについて、早すぎるということはありません。」

ということになります。


過払い金の発生が見込まれる場合には、早急な対応が必要

債務整理を相談するタイミングという話とは、若干ずれるのですが、

返済済みの業者があり、過払い金の発生が見込まれる場合には、

早急にご相談いただくことをお勧めします。

理由は、過払い金返還請求権の消滅時効にあります。

過払い金返還請求権の消滅時効は、

継続的取引終了の時点から10年間で完成します。

通常は、最終的に完済した時点が、継続的取引の終了時点になるのですが、

取引状況によっては、途中で取引が分断されているとして、

もっと早い段階で、一度継続的取引が終了していると判断される場合があります。

そうすると、1度継続的取引が終了したと判断された段階から、

それ以前に発生していた過払い金の消滅時効が進行することになりますので、

契約者が認識しているよりも、はるかに早い段階で、

消滅時効が完成してしまう場合があります。

ですので、過払い金に関しては、

「完済した日から10年たってないから大丈夫。」

などと考えずに、早期に弁護士に相談して、

取引記録を確認してもらうことをお勧めします。

このサイトは、「過払い金返還請求」というカテゴリーを用意していないので、

債務整理の記事の中で触れさせていただきました。


相談者が「債務整理を相談してみよう」と思った段階で、その必要性がないことは少ない

ご自身の状況については、相談者自身が一番よく分かっていると思います。

その相談者が、「債務整理について、相談してみよう。」と思いついた時点で、

債務整理を相談する客観的な必要性があることがほとんどです。

ですので、債務整理を意識し出した場合には、早期に相談されることをお勧めします。

法律相談については、無料で対応してもらえるところが今は、いくらでもあります。

相談料が無料であれば、経済的な負担はないのですから、

早めの相談を躊躇する必要は全くないと思います。

早めに相談をして、弁護士から「問題なし」の回答がもらえれば、

それはそれで喜ばしいことだと思います。

*実際には、ほぼあり得ない回答です。

借り換えか、債務整理かで迷っているのなら、まず相談を先にすべき

「借り換え(おまとめローン)か債務整理かで、迷っているから、まだ相談できない。」

とか

「借り換えができなかったら、債務整理の相談をしようと思う。」

という方がよくおられますが、相談を後回しにすることはお勧めできません。

おまとめローンの利用などによる借り換えは、金利や返済条件の変更による

状況改善を狙ってのことだと思います。

ただ、現実問題として、おまとめローン等の利用により状況を改善することは、

非常に難しいです。

詳細は、別の記事で解説させていただきますが、おまとめローンは決して、

万能ではありません。

先にご相談いただければ、債務整理ではなく、

借り換え等で状況が改善できるかどうかについても、

アドバイスをすることができます。

ですから、借り換えか迷っている段階においても、

債務問題に関するご相談を先にされることをお勧めします。

以上、

「債務整理については、早すぎることはないので、思いついたら相談して下さい。」

というお話をさせていただきました。

基本的に、借金・債務問題に関しては、時間の経過とともに、

状況が悪化していくことがほとんどです。

状況の悪化に伴って、取りうる選択肢も狭まっていくことがほとんどです

(債務整理or自己破産→自己破産only)。

ですので、早めにご相談いただくことを、強くお勧めします。

「まだ、相談するタイミングではないのでは。」

とか

「まだ、相談するのは早いのでは。」

と思われる方が多いので、今回の記事をご用意させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士費用のご案内

業務内容 着手金 報酬金
自己破産(非事業者) 30万円 不要
自己破産(事業者) 30万円からお見積り 不要
自己破産(法人代表者) 30万円 不要
法人破産 40万円からお見積り 不要
債務整理(任意整理) 1社あたり4万円 1社あたり2万円(和解成立時)
減額成功報酬不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用なし)
小規模個人再生 45万円 不要
給与所得者等再生 45万円 不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用あり)
小規模個人再生 55万円 不要
給与所得者等再生 55万円 不要

破産については、同時廃止・管財事件で同一の弁護士費用です。
金額は、消費税を含まない金額です。

債務整理限定の無料法律相談のご案内

 記事をお読みになって、無料の法律相談を受けてみたいと思われた方は、
ぜひ、石埜法律事務所までご連絡下さい。
 法律相談は、ご依頼にならなくても、もちろん、無料です。
 面談、電話、メール、FAX、どの方法でご相談いただいても、すべて、無料です。
 電話相談であれば、面談中でない限り、すぐに弁護士とお話しいただけます。

電話相談(予約不要)・面談のご予約
TEL:042-400-7588
「はい、いしのほうりつじむしょ、です。」と応対します。

面談場所
東京都多摩市関戸1-11-7
グリービル6階607号室
石埜法律事務所
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分(特急停車駅)

FAX送信先
FAX:042-400-0961

メール相談フォーム(下の欄に、直接ご記入いただき、そのまま送信していただくことが可能です。)

現在、メール相談フォームをご利用いただいての無料法律相談は、債務整理(破産・再生・任意整理)に関するご相談に限定させていただいております。

債務整理(破産・再生・任意整理)以外のご相談につきましては、フォームをご利用いただきましても、返信できかねますので、あらかじめご承知おき下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

ご相談内容は、SSLによって暗号化されて送信されますので、安心してご利用いただけます。

記入が終わりましたら、「送信する」ボタンをクリックして下さい。

コメントを残す

*