債務整理(任意整理)

債務整理、弁護士に依頼しても、CICには登録されない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理を弁護士に依頼しても、CICに登録されることはない

今回は、債務整理と信用情報に関するお話です。

特に、債務整理とCICに登録される信用情報について解説します。

話の筋としては、

「弁護士に債務整理を依頼しても、単なる延滞の事実を超えて、

信用情報に登録されることはない。」ということになります。

「支払を止めても、信用情報は無傷です。」という話ではありませんので、

それ点はご容赦下さい。

そもそもCICとは、なにか

株式会社シー・アイ・シーは、クレジット会社の共同出資により、

昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を

営む企業を会員とする信用情報機関です。

また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として

指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

消費者のクレジットおよび消費者ローンに関する信用情報

(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を

加盟会員であるクレジット会社などから収集し、

それらクレジット会社からの照会に応じて情報を提供しています。

加盟資格を満たし、且つ厳格な加盟審査を経て入会した加盟会員は、

信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・

銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・

自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・

保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社などで構成されています。

CICとは/信用情報機関の役割

http://www.cic.co.jp/cic/part.html

日本に3つある信用情報機関(クレジット系・消費者金融系・銀行系)の

うちのクレジット系の信用情報機関であるということを、

とりあえず、おさえておいて下さい。

「債務整理」は、CICの信用情報の登録項目にない

先に結論だけ、申し上げますが、

弁護士に債務整理を依頼してもCICにその旨が登録されることはありません。

まず、ソースとして、CICのホームページの記載をご覧いただきます。

Q

裁判所へ特定調停や民事再生を申請した場合、

および弁護士・司法書士に債務整理を依頼した場合、

自分の信用情報にその事実がコメントとして登録されますか?

A

特定調停や民事再生の申請および債務整理を依頼した事実

に関するコメントは登録されません。

CICに登録される信用情報は、消費者と当社の加盟会員であるクレジット会社等との

クレジットやローン取引に係わる申込内容や契約内容、支払状況などの客観的事実に限ります。

また、CICに登録される信用情報には過払い金返還請求や、

弁護士等が介入した旨をコメントするような登録項目はありません。

CICが保有する信用情報について

http://www.cic.co.jp/qa/registration.html#02

上記のとおり、CICのホームページにおいて、

債務整理を弁護士等に依頼した事実について、

信用情報に登録されることはないとされております。


*債務整理に伴って、支払を停止した場合には、

当該客観的事実が信用情報に登録されることになります。

上記を避けるためには、支払を継続するしかありませんが、

それができるなら債務整理など検討しないかと思います。

また、本来なら債務整理が必要だが、

信用情報を傷つけると多重債務状態が維持・継続できなくなるから

債務整理をしないなどというのは、それこそ本末転倒でしょう。


債務整理を弁護士等に依頼した事実について、

信用情報に登録されないということを、

「登録される信用情報に含まれていない」という

反対の側からも確認しておきたいと思います。

CICが保有する信用情報は、大きく分けて以下の2つになります。

  • CICの加盟会員から登録される信用情報
  • CICが独自に収集する情報

CICの加盟会員から登録される信用情報には、「弁護士に債務整理を依頼したことは含まれない」

CICの加盟会員から登録される信用情報は、

  • 申込情報(クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報)
  • クレジット情報(加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報)
  • 利用記録(クレジットやローンの利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録)

の3つに限られます。

上記に含まれるのは申込内容や取引内容、照会の有無など客観的な事実に限られます。

「弁護士から債務整理の通知を受けた」等の会員会社の認識が、

コメントとして登録されることはありません。

CICが独自に収集する情報には、「弁護士に債務整理を依頼したことは含まれない」

CICが独自に収集する情報には、

  1. 本人申告情報
  2. 貸金業協会依頼情報
  3. 電話帳掲載情報

があります。

上記1.と2.は主に借り入れの自粛等に関する情報ですので、

債務整理の依頼・通知とは関係がありません。

3.についても無関係なことはお分かりかと思います。

結論として、CICの保有する信用情報には、

「弁護士に債務整理を依頼したかとうか」という項目はありませんでの、

「弁護士に債務整理を依頼したとしても、当該事実は、

CICの保有する信用情報には登録されない。」ということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士費用のご案内

業務内容 着手金 報酬金
自己破産(非事業者) 30万円 不要
自己破産(事業者) 30万円からお見積り 不要
自己破産(法人代表者) 30万円 不要
法人破産 40万円からお見積り 不要
債務整理(任意整理) 1社あたり4万円 1社あたり2万円(和解成立時)
減額成功報酬不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用なし)
小規模個人再生 45万円 不要
給与所得者等再生 45万円 不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用あり)
小規模個人再生 55万円 不要
給与所得者等再生 55万円 不要

破産については、同時廃止・管財事件で同一の弁護士費用です。
金額は、消費税を含まない金額です。

債務整理限定の無料法律相談のご案内

 記事をお読みになって、無料の法律相談を受けてみたいと思われた方は、
ぜひ、石埜法律事務所までご連絡下さい。
 法律相談は、ご依頼にならなくても、もちろん、無料です。
 面談、電話、メール、FAX、どの方法でご相談いただいても、すべて、無料です。
 電話相談であれば、面談中でない限り、すぐに弁護士とお話しいただけます。

電話相談(予約不要)・面談のご予約
TEL:042-400-7588
「はい、いしのほうりつじむしょ、です。」と応対します。

面談場所
東京都多摩市関戸1-11-7
グリービル6階607号室
石埜法律事務所
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分(特急停車駅)

FAX送信先
FAX:042-400-0961

メール相談フォーム(下の欄に、直接ご記入いただき、そのまま送信していただくことが可能です。)

現在、メール相談フォームをご利用いただいての無料法律相談は、債務整理(破産・再生・任意整理)に関するご相談に限定させていただいております。

債務整理(破産・再生・任意整理)以外のご相談につきましては、フォームをご利用いただきましても、返信できかねますので、あらかじめご承知おき下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

ご相談内容は、SSLによって暗号化されて送信されますので、安心してご利用いただけます。

記入が終わりましたら、「送信する」ボタンをクリックして下さい。

コメントを残す

*