自己破産(個人破産)

自己破産、パスポートの発行には、まったく影響なし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産をしても、パスポート(旅券)の発行には、まったく影響がない

今回は、自己破産とパスポート(旅券)に関するお話です。

結論から申しますと、自己破産とパスポート(旅券)の発行とは、

何の関係もありません。

自己破産をしてもパスポートは問題なく取得できます。

自己破産の手続中(破産手続が開始されてから、免責を受けるまで)

であっても、同様です。

ですから、自己破産を検討するに当たって、

「自己破産をすると、パスポートが発行してもらえなくなるのでは。」

とか

「自己破産の手続中だと、パスポートが発行してもらえないのでは。」

などと心配する必要はありません。

「自己破産をすると、一生、〇〇ができなくなる。」

ということがよく言われるのですが、基本的にデマです。

「パスポート」に関しても、やはりデマです。

また、関連して、

「自己破産をすると、一度パスポートが失効する。」

と言われることがありますが、やはりデマです。

自己破産をしたからといって、パスポートが失効することはありません。


自己破産とパスポートの発行は無関係ですが、

自己破産と海外旅行・海外出張に関しては、

若干関係があります。

自己破産事件が管財事件となった場合、

原則海外旅行・海外出張には、破産管財人の同意が必要です。

詳細は、以前の記事

「自己破産すると、一生海外旅行に行けない」というのはウソ

をご覧下さい。

自己破産は、パスポート(一般旅券)の発給制限事由ではない

念のため、自己破産とパスポートの発行が無関係であることを、

旅券法の規定を参照しながら確認しておきたいと思います。

世間一般で「パスポート」といわれるものが、

旅券法にいう「一般旅券」のことだと考えて下さい。

(一般旅券の発給等の制限)

第13条1項

外務大臣又は領事官は、一般旅券の発給又は渡航先の追加を受けようとする者が

次の各号のいずれかに該当する場合には、

一般旅券の発給又は渡航先の追加をしないことができる。

1号 渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者

2号 死刑、無期若しくは長期2年以上の刑に当たる罪につき訴追されている者

又はこれらの罪を犯した疑いにより逮捕状、勾引状、勾留状若しくは鑑定留置状が

発せられている旨が関係機関から外務大臣に通報されている者

3号 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることが

なくなるまでの者

4号 第23条の規定により刑に処せられた者

5号 旅券若しくは渡航書を偽造し、又は旅券若しくは渡航書として偽造された文書を行使し、

若しくはその未遂罪を犯し、刑法(-省略-)の規定により刑に処せられた者

6号 国の援助等を必要とする帰国者に関する領事官の職務等に関する法律

(-省略-)第1条に規定する帰国者で、

同法第2条第1項の措置の対象となつたもの又は同法第3条第1項

若しくは第四条 の規定による貸付けを受けたもののうち、

外国に渡航したときに公共の負担となるおそれがあるもの

7号 前各号に掲げる者を除くほか、外務大臣において、著しく、

かつ、直接に日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると

認めるに足りる相当の理由がある者

旅行法13条

参照する条文が長くて申し訳ないのですが、一般旅券の発給制限事由に、

自己破産に関連する事由はありません。

ですから、自己破産をしていても、自己破産の手続中であっても、

パスポートの申請が可能ですし、実際に発行を受けることもできます。

自己破産は、パスポートの失効事由ではない(自己破産しても失効しない)

さらに念のため、自己破産をしても、

パスポートが失効しないことについても確認しておきたいと思います。

(旅券の失効)

第18条第1項

旅券は、次の各号のいずれかに該当する場合には、その効力を失う。

1号 旅券の名義人が死亡し、又は日本の国籍を失つたとき。

2号 旅券の発給を申請し若しくは請求した者が当該旅券の発行の日から

6月以内に当該旅券を受領せず、又は一往復用の旅券の名義人が

当該旅券の発行の日から6月以内に本邦を出国しない場合には、

その6月を経過したとき。

3号 旅券の有効期間が満了したとき。

4号 一往復用の旅券の名義人が本邦に帰国したとき。

5号 旅券の発給の申請又は請求に当たつて返納された旅券(-省略-)

にあつては、当該返納された旅券に代わる旅券の発行があつたとき。

6号 前条第1項又は第4項の規定による届出があつたとき。

7号 次条第1項の規定により返納を命ぜられた旅券にあつては、

同項の期限内に返納されなかつたとき、又は外務大臣若しくは領事官が、

当該返納された旅券が効力を失うべきことを適当と認めたとき。

旅行法18条

上記のとおり、旅券の失効事由には、自己破産に関連する事由はありません。

ですから、自己破産をしても、パスポートの効力はそのままです。

自己破産をしても、パスポートが失効することはありません。

まとめますと、

  • 自己破産をしてもパスポートの発行には何の問題もない
  • 自己破産の手続中でもパスポートの発行には何の問題もない
  • 自己破産をしても、パスポートは失効しない

ということになります。

本当に、「念のため」という記事にはなるのですが、

検索ワードなどから心配されている方が多いようなので、

独立の記事を用意させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士費用のご案内

業務内容 着手金 報酬金
自己破産(非事業者) 30万円 不要
自己破産(事業者) 30万円からお見積り 不要
自己破産(法人代表者) 30万円 不要
法人破産 40万円からお見積り 不要
債務整理(任意整理) 1社あたり4万円 1社あたり2万円(和解成立時)
減額成功報酬不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用なし)
小規模個人再生 45万円 不要
給与所得者等再生 45万円 不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用あり)
小規模個人再生 55万円 不要
給与所得者等再生 55万円 不要

破産については、同時廃止・管財事件で同一の弁護士費用です。
金額は、消費税を含まない金額です。

債務整理限定の無料法律相談のご案内

 記事をお読みになって、無料の法律相談を受けてみたいと思われた方は、
ぜひ、石埜法律事務所までご連絡下さい。
 法律相談は、ご依頼にならなくても、もちろん、無料です。
 面談、電話、メール、FAX、どの方法でご相談いただいても、すべて、無料です。
 電話相談であれば、面談中でない限り、すぐに弁護士とお話しいただけます。

電話相談(予約不要)・面談のご予約
TEL:042-400-7588
「はい、いしのほうりつじむしょ、です。」と応対します。

面談場所
東京都多摩市関戸1-11-7
グリービル6階607号室
石埜法律事務所
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分(特急停車駅)

FAX送信先
FAX:042-400-0961

メール相談フォーム(下の欄に、直接ご記入いただき、そのまま送信していただくことが可能です。)

現在、メール相談フォームをご利用いただいての無料法律相談は、債務整理(破産・再生・任意整理)に関するご相談に限定させていただいております。

債務整理(破産・再生・任意整理)以外のご相談につきましては、フォームをご利用いただきましても、返信できかねますので、あらかじめご承知おき下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

ご相談内容は、SSLによって暗号化されて送信されますので、安心してご利用いただけます。

記入が終わりましたら、「送信する」ボタンをクリックして下さい。

コメントを残す

*