自己破産(個人破産)

自己破産、最大のメリット「免責」は、生活再建の切り札

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産の最大のメリットである「免責」は、生活再建の切り札となる

今回は、自己破産をする場合の最大のメリットである、

免責についてのお話です。

「免責のメリットは、大きいですよ。」という話も当然しますが、

声を大にして言いたいのは、

「免責を受ければ、生活再建が本当にスムーズになります。」

というところです。

自己破産には、デメリットが複数あるが、免責は、それらを上回るメリットをもたらす

ご存じのとおり、自己破産には、複数のデメリットがあります。

官報公告、信用情報、職業制限、財産の処分など挙げればきりがないほどです。

現在、当サイトの「自己破産 デメリット・リスク」カテゴリーの記事は、

30件ほどですが、書こうと思えば、100記事くらいは余裕で書けると思います。

細かいものまで挙げれば、自己破産には無数とも思えるくらいデメリットがあります。

しかし、それらのデメリットをつぶさに分析していくと、あるものは一時的であったり、

あるものは日常生活を営む上ではあまり関係がなかったりと、

その1つ1つは深刻なものでないことがほとんどです。


それぞれのデメリット・リスクについては、専門の記事をご覧下さい。

そこで、各デメリット・リスクについての評価を加えてあります。

基本的に、すべての人に当てはまるような致命的なデメリット・リスクは、

自己破産にはありません(あったら、法律家の選択肢に入りませんよね)。

例外的に、自己破産が不適応になる方については、

その都度指摘してありますので、ご安心下さい。


それに対して、自己破産最大のメリットである免責の効力は、非常に強力です。

非免責債権を除いた残債務につき、その責任を免れることができるのです。

要するに、借金がチャラになります。

これ以上、借りたお金を返さなくてよいということです。

この免責がもたらす利益は、細々したデメリットがもたらす不利益(の集合体)を、

大きく上回ります。

免責がもたらす利益が、生活再建を容易にさせる

免責がもたらす利益、それは、以後借金を返済しなくても良いということです。

借金を返済しなくてよいということは、収入を100%自分のことに活かせる

ということです。

収入を100%自分のことに活かせれば、生活に余裕が持てます。

生活に余裕が持てるということは、それだけ生活再建が容易になるということです。

債務処理の最終目標は、生活の再建にあります。

その最終目標の達成が容易になることこそ、自己破産を選択する最大のメリットなのです。

上記を例えて、記事タイトルに「生活再建へのパスポート」という表現を、

使わせていただいているわけです。

別に、この記事は、自己破産を推奨しているわけではありません。

ただ、生活再建という最終目標を見失ってしまうと、デメリットが目につく自己破産は、

検討の対象にしてもらえないことさえあります。

さすがにそれはまずいとおもいますので、この記事を用意させていただきました。

今回は、

「自己破産には免責があるので、生活再建には適していますよ。」

というお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士費用のご案内

業務内容 着手金 報酬金
自己破産(非事業者) 30万円 不要
自己破産(事業者) 30万円からお見積り 不要
自己破産(法人代表者) 30万円 不要
法人破産 40万円からお見積り 不要
債務整理(任意整理) 1社あたり4万円 1社あたり2万円(和解成立時)
減額成功報酬不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用なし)
小規模個人再生 45万円 不要
給与所得者等再生 45万円 不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用あり)
小規模個人再生 55万円 不要
給与所得者等再生 55万円 不要

破産については、同時廃止・管財事件で同一の弁護士費用です。
金額は、消費税を含まない金額です。

債務整理限定の無料法律相談のご案内

 記事をお読みになって、無料の法律相談を受けてみたいと思われた方は、
ぜひ、石埜法律事務所までご連絡下さい。
 法律相談は、ご依頼にならなくても、もちろん、無料です。
 面談、電話、メール、FAX、どの方法でご相談いただいても、すべて、無料です。
 電話相談であれば、面談中でない限り、すぐに弁護士とお話しいただけます。

電話相談(予約不要)・面談のご予約
TEL:042-400-7588
「はい、いしのほうりつじむしょ、です。」と応対します。

面談場所
東京都多摩市関戸1-11-7
グリービル6階607号室
石埜法律事務所
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分(特急停車駅)

FAX送信先
FAX:042-400-0961

メール相談フォーム(下の欄に、直接ご記入いただき、そのまま送信していただくことが可能です。)

現在、メール相談フォームをご利用いただいての無料法律相談は、債務整理(破産・再生・任意整理)に関するご相談に限定させていただいております。

債務整理(破産・再生・任意整理)以外のご相談につきましては、フォームをご利用いただきましても、返信できかねますので、あらかじめご承知おき下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

ご相談内容は、SSLによって暗号化されて送信されますので、安心してご利用いただけます。

記入が終わりましたら、「送信する」ボタンをクリックして下さい。

コメントを残す

*