自己破産(個人破産)

自己破産、よくあるご質問をまとめました(免責について)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産、免責について、よくあるご質問をまとめました

今回は、自己破産、よくあるご質問シリーズの第4弾です。

自己破産を検討されている方に関心の高い、「免責」について、

よくあるご質問とその簡単な回答をまとめました。

専門記事には、ない項目も載せてありますので、

是非ご活用下さい。

免責ってなんですか

免責とは、大雑把にいうと、債務についての責任を免れる、

つまり、借金を払わなくてよくなることを言います。

免責で、借金が消滅するのですか

いいえ、借金(債務)が消滅するわけではありません。

免責によって、借金は「自然債務」というものになります。

自然債務は、裁判や強制執行によって、支払を求めることが

出来ない性質の債務です。

ただ、免責後に、債務者から支払を受けた場合には、

当該支払分の返還義務はありません。

ですので、「免責を受けた後、支払をしてしまうと取り戻せない」

ということは、おさえておいて下さい。

自己破産をすれば、自動的に免責になるのですか

いいえ、そうではありません。

自己破産は、正確にいうと、破産手続と免責手続に分かれており、

免責を受けるためには、破産手続の申立てだけでなく、

免責を受けるための申立てが必要です。

破産手続と免責手続は、同時に申立てることができますか

はい、できます。

裁判所の書式も、破産手続開始の申立てと免責許可の申立てが、

セットになっていますので、自然と同時に申立てる形になります。

また、破産法上も、破産手続開始の申立時に、

反対の意思表示をしない限り、

免責許可も申立てられたものとして扱われます。

ですから、免責許可の申立て漏れというのは、

あまり心配しなくてよいと思います。

免責は、どんな場合に許可されますか

破産法が定める免責不許可事由がなければ、免責は許可されます。

免責不許可事由があると、必ず免責不許可になるのですか

いいえ、必ず免責不許可になるわけではありません。

免責不許可事由がある場合であっても、

裁判所が相当を認める場合には、

裁量により免責が許可されることがあります(裁量免責)。

裁量免責に当たっては、どのような事情が考慮されますか

破産の申立て前後を問わず、一切の事情が考慮されます。

破産に至った経緯や免責不許可事由の悪質さなど申立て前の事情だけでなく、

破産手続への協力具合や反省の程度、生活再建への意欲など、

申立て後の事情も重視されます。

免責不許可になる確率は、何パーセント位ですか

誤解があるといけませんので、当サイトでは、

免責不許可率や裁量免責の許可率の具体的な数値は、

ご紹介しておりません。

ただ、免責不許可率に関しては、一般の方が想像されているよりは、

低い数値にとどまります。

「裁量免責になる事案が大多数で、免責不許可事例は少数にとどまる」

程度に、ご理解いただければと思います。

免責不許可事由には、どのようなものがありますか

破産法252条1項は、免責不許可事由を、1号から11号まで、

11類型ほど規定しています。

代表的なものとしては、

  • 財産隠し
  • 特定の債権者の特別扱い(弁済・担保の提供など)
  • 換金行為(クレジットカード枠の現金化など)
  • 浪費
  • ギャンブル
  • 投機
  • 7年以内の再度の免責許可申立て
  • 生年月日や氏名を偽っての借り入れ虚偽の債権者一覧表の提出

などがあります。

*他にも免責不許可事由はあります。上記はあくまで例示です。

浪費、ギャンブル、投機などがあると、必ず免責不許可事由になるのですか

いいえ、そうではありません。

浪費、ギャンブル、投機などで、著しく資産を減少させた場合や過大な債務を

負った場合に限り、免責不許可事由となります。

免責に当たって、面接があると聞いたのですが、本当ですか

はい、本当です。

免責許可を受けるに当たっては、面接(免責審尋)への出席が必要です。

免責審尋では、どのようなことが聞かれますか

大半の事例では、名前と住所の確認や「申立書の内容に間違いがないか」、

程度の質問にとどまります。

さらに聞かれるとしても、申立書の内容に即した質問になると思われますので、

返答に困るということはないと思います。

不安な場合には、申立代理人弁護士とよく打合せをされることを、

お勧めします。

免責を受ければ、すべての債務を払わなくてよくなるのですか

いいえ、そうではありません。

免責によっても、責任を免れることができない債務(非免責債務)

が存在します。

非免責債務の代表例には、

税金、罰金、養育費、債権者一覧表に記載しなかった債務

などがあります。

免責と復権はどういう関係にあるのですか

免責許可が確定すると、

破産者が資格制限のない法律上の地位を回復する(復権)、

という関係にあります。

復権によって、破産者に課せられていた各種資格制限はなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士費用のご案内

業務内容 着手金 報酬金
自己破産(非事業者) 30万円 不要
自己破産(事業者) 30万円からお見積り 不要
自己破産(法人代表者) 30万円 不要
法人破産 40万円からお見積り 不要
債務整理(任意整理) 1社あたり4万円 1社あたり2万円(和解成立時)
減額成功報酬不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用なし)
小規模個人再生 45万円 不要
給与所得者等再生 45万円 不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用あり)
小規模個人再生 55万円 不要
給与所得者等再生 55万円 不要

破産については、同時廃止・管財事件で同一の弁護士費用です。
金額は、消費税を含まない金額です。

債務整理限定の無料法律相談のご案内

 記事をお読みになって、無料の法律相談を受けてみたいと思われた方は、
ぜひ、石埜法律事務所までご連絡下さい。
 法律相談は、ご依頼にならなくても、もちろん、無料です。
 面談、電話、メール、FAX、どの方法でご相談いただいても、すべて、無料です。
 電話相談であれば、面談中でない限り、すぐに弁護士とお話しいただけます。

電話相談(予約不要)・面談のご予約
TEL:042-400-7588
「はい、いしのほうりつじむしょ、です。」と応対します。

面談場所
東京都多摩市関戸1-11-7
グリービル6階607号室
石埜法律事務所
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分(特急停車駅)

FAX送信先
FAX:042-400-0961

メール相談フォーム(下の欄に、直接ご記入いただき、そのまま送信していただくことが可能です。)

現在、メール相談フォームをご利用いただいての無料法律相談は、債務整理(破産・再生・任意整理)に関するご相談に限定させていただいております。

債務整理(破産・再生・任意整理)以外のご相談につきましては、フォームをご利用いただきましても、返信できかねますので、あらかじめご承知おき下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

ご相談内容は、SSLによって暗号化されて送信されますので、安心してご利用いただけます。

記入が終わりましたら、「送信する」ボタンをクリックして下さい。

コメントを残す

*