自己破産(個人破産)

自己破産、「一生クレジットカードが作れなくなる」は、ウソ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産をすると「一生クレジットカードが作れなくなる」というのは、ウソ

今回は、自己破産とクレジットカードの関係についてのお話です。

日常生活において、クレジットカードがあると便利な場面(ネットショッピングなど)や

クレジットカードが必須な場面(料金決済など)は多々あります。

「自己破産をした後も、クレジットカードを利用したい」という相談者様のニーズには、

強いものがありますので、今回の記事をご用意させていただきました。

結論から申し上げますと、

「自己破産をすると一生クレジットカードを作れなくなる」

というのは、ウソになります。

ただ、クレジットカードを一生作れなくなるわけではないのですが、

自己破産から一定期間を経過するまでは、クレジットカードの作成は、

非常に困難です。

また、自己破産から一定期間経過後も、最初の1枚のカードを作る際には、

若干の困難を伴います。

破産者が新たにクレジットカードを取得できるかどうかは、カード会社の審査の問題

自己破産をしたからといって、一律にクレジットカードの発行を受けられなくなるわけではありません。

もちろん、自己破産によりクレジットカードの取得は困難になりますが、

それはあくまでもカード会社の審査を通らないということに原因があるのであって、

自己破産がもたらす法的な効果によるわけではありません。

ですから、自己破産後であってもクレジットカード会社の審査を通るような状況になりさえすれば、

問題なくクレジットカードを取得できることになります。

自己破産をした際に債権者であったカード会社から、再度クレジットカードを発行してもらうことは期待できない

自己破産をした際、クレジットカード会社である債権者がいた場合には、

当該カード会社の社内に自己破産をした旨の記録(異動情報、事故情報)が残ることになります。

いわゆる「社内ブラック」と呼ばれる情報になります。

上記の情報については、信用情報機関に登録される個人信用情報とは異なり、

情報の保有期間というものが外部に公表されていません。

ですから、社内ブラックと呼ばれる情報が、どの程度の期間保管されるのかは、

外部からは全く分かりません。

自己破産後にクレジットカードを作るに当たっては、

相当長期間にわたって社内で情報が保管されると考えておく方が無難です。

そうなると、自己破産をした際に債権者であったクレジットカード会社から、

再度クレジットカードを発行してもらうことは、

やはり相当長期間難しいということになります。

現実的な問題として、自己破産をした際に債権者であったカード会社から

再度クレジットカードは発行してもらうことは、期待できません。

自己破産に関する異動情報が信用情報機関に登録されている間は、クレジットカードを取得することが非常に困難

自己破産をすると、信用情報機関に異動情報として一定期間登録されることになります。

自己破産に関する情報が登録されている期間は、信用情報機関によって異なりますが、

目安としては、「免責許可決定の確定から5年」と考えて下さい。

上記の目安である5年間は、どのクレジットカード会社であっても、

カード発行のための審査には非常に通りづらいと考えて下さい。

申込者の現在の属性を特に重視するクレジットカード会社でない限り、

上記期間内にクレジットカードを発行してもらうことは非常に困難です。


銀行系のKSCという信用情報機関に関しては、自己破産に関する官報情報を

10年間保有しています。

KSCの保有する信用情報を参照するクレジットカード会社に関しては、

自己破産から10年間は、非常に審査に通りづらい状況が続きます。


自己破産に関する異動情報が信用情報機関から抹消されても、最初の1枚のクレジットカードは作りにくい

信用情報機関から自己破産に関する異動情報が抹消されれば、

クレジットカードの審査に通りやすい状態にはなります。

ただ、信用情報から異動情報が消える頃には、過去の取引履歴も消えていますので、

信用情報がまっさらの状態になっています。

信用情報的にはマイナスの情報がない代わりに、プラスの情報(正常な入金履歴など)

も、なくなっています。

「いい年して、クレジットカードの1枚も持っていない。」という若干不自然な感じの

信用情報になっていますので、最初の1枚が発行されるまでは、

若干審査に通りにくい感じは残ると思います。

ただ、明らかにマイナスに作用する異動情報は消えていますので、

後は申込者の職業や収入などの属性によるということになると思います。


自己破産をしてから、ある程度の期間が必要にはなりますが、

最終的には、申込者の属性次第でクレジットカードが発行してもらえる

という状態に戻ることになります。

以上、

「自己破産をすると一生クレジットカードが作れなくなるというのは、ウソだ。」

というお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士費用のご案内

業務内容 着手金 報酬金
自己破産(非事業者) 30万円 不要
自己破産(事業者) 30万円からお見積り 不要
自己破産(法人代表者) 30万円 不要
法人破産 40万円からお見積り 不要
債務整理(任意整理) 1社あたり4万円 1社あたり2万円(和解成立時)
減額成功報酬不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用なし)
小規模個人再生 45万円 不要
給与所得者等再生 45万円 不要
個人再生(住宅ローン特別条項の利用あり)
小規模個人再生 55万円 不要
給与所得者等再生 55万円 不要

破産については、同時廃止・管財事件で同一の弁護士費用です。
金額は、消費税を含まない金額です。

債務整理限定の無料法律相談のご案内

 記事をお読みになって、無料の法律相談を受けてみたいと思われた方は、
ぜひ、石埜法律事務所までご連絡下さい。
 法律相談は、ご依頼にならなくても、もちろん、無料です。
 面談、電話、メール、FAX、どの方法でご相談いただいても、すべて、無料です。
 電話相談であれば、面談中でない限り、すぐに弁護士とお話しいただけます。

電話相談(予約不要)・面談のご予約
TEL:042-400-7588
「はい、いしのほうりつじむしょ、です。」と応対します。

面談場所
東京都多摩市関戸1-11-7
グリービル6階607号室
石埜法律事務所
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分(特急停車駅)

FAX送信先
FAX:042-400-0961

メール相談フォーム(下の欄に、直接ご記入いただき、そのまま送信していただくことが可能です。)

現在、メール相談フォームをご利用いただいての無料法律相談は、債務整理(破産・再生・任意整理)に関するご相談に限定させていただいております。

債務整理(破産・再生・任意整理)以外のご相談につきましては、フォームをご利用いただきましても、返信できかねますので、あらかじめご承知おき下さい。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

ご相談内容は、SSLによって暗号化されて送信されますので、安心してご利用いただけます。

記入が終わりましたら、「送信する」ボタンをクリックして下さい。

コメントを残す

*